女性国家公務員、最高の36.8%=20年春採用

政治・外交

政府は29日、今年4月1日付で採用した国家公務員に占める女性の割合が36.8%だったと発表した。前年度を1.4ポイント上回り、2005年度の調査開始以降で最高となった。女性採用を3割以上とする政府目標を6年連続で達成した。

全体の採用数は8461人で、うち女性は3117人。中央省庁の幹部候補となる総合職は731人中259人が女性で、割合は過去最高の35.4%となった。一般職は39.1%、専門職は33.8%が女性だった。

内閣人事局は各省庁が女子学生らを対象とした広報活動に力を入れた成果が出たとみている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本