漫画家のジョージ秋山さん死去=77歳、代表作「浮浪雲」

社会 文化

「浮浪雲(はぐれぐも)」などで知られる漫画家のジョージ秋山さん(あきやま、本名秋山勇二=あきやま・ゆうじ)が5月12日に死去したことが1日、分かった。77歳だった。小学館が発表した。東京都生まれ、栃木県足利市育ち。葬儀は近親者で済ませた。

1966年「ガイコツくん」でデビュー。68年「パットマンX」で講談社児童まんが賞を受賞。70年には、極限状態を描きながら人間のモラルを問うた「銭ゲバ」「アシュラ」の連載を始め、一部地域で有害図書に指定されるなど、社会的に物議を醸した。

幕末の人間模様を描いた代表作「浮浪雲」は、73年に連載スタート。小学館漫画賞を受賞し、2度にわたりテレビドラマ化もされた。2017年まで44年続く長期連載となった。他に「ピンクのカーテン」「恋子の毎日」など多数の作品を残した。

ジョージ秋山さんジョージ秋山さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 社会 訃報 日本