東京新たに13人感染=「夜の街」増加傾向―新型コロナ

社会 暮らし

東京都は1日、都内で新たに13人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。うち8人は接客を伴う飲食店など「夜の街」で発生したとみられる。

都によると、夜の街での感染者は直近1週間で総数の3割程度となり、その前の1週間の1割程度から増加傾向にある。特に新宿エリアが増えているという。

北九州市では新たに16人の感染が判明した。新規の患者発生は10日連続で、この間の累計は113人となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東京都