USJ、8日に一部再開

経済・ビジネス

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は1日、来場者の対象地域を絞り、8日から約3カ月ぶりに営業を再開すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月末から臨時休業を続けていた。14日までは大阪府在住で年間パスポートの所有者を対象に登録制で来場を受け付け、その後段階的に拡大する。

15~18日は、大阪府民であれば年間パスポートがなくても入場できる。19日以降は大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の2府4県の在住者などに広げる。USJは「都道府県をまたぐ移動をできるだけ抑えるため」(広報室)と説明している。

入場者には、感染者が発生した場合にメールで一斉に知らせる「大阪コロナ追跡システム」への登録を求める。屋外のジェットコースターなどは利用できるが、手を触れる場所の多い子供向け屋内施設の一部やナイトパレードは休止する。

今月8日から営業を再開するユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)=2019年1月10日、大阪市此花区今月8日から営業を再開するユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)=2019年1月10日、大阪市此花区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 大阪府 大阪市