5月百貨店、売上高6~8割減=営業再開でマイナス幅は縮小

経済・ビジネス

大手百貨店4社が1日発表した5月の既存店売上高(速報)は、前年同月と比べ6~8割減となった。新型コロナウイルスの感染拡大で全国の店舗で臨時休業が続き、大きく落ち込んだ。ただ、中旬以降は緊急事態宣言が解除された地域で順次営業を再開したため、いずれも4月よりマイナス幅が縮小した。

三越伊勢丹ホールディングスは前年同月比78.1%減。売り上げが大きい首都圏の6店舗の再開が月末近くの30日になったため、前月と同程度の減少幅となった。大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが73.2%減、高島屋が62.9%減、そごう・西武が61.5%減だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 統計 日本