中小企業支援へファンド新設=コロナで事業承継加速―りそなHD社長

経済・ビジネス

りそなホールディングス(HD)の南昌宏社長は1日までに時事通信のインタビューに応じた。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた中小企業を支援するため、投資ファンドを新設する方針を明らかにした。借り入れの一部を資本と見なせる劣後ローンや、議決権のない優先株の引き受けなどを通じて、財務基盤の強化に役立ててもらう。南社長は「できるだけ早いタイミングで提供したい」と意欲を示した。

インタビューに答えるりそなホールディングス(HD)の南昌宏社長=5月29日、東京都江東区インタビューに答えるりそなホールディングス(HD)の南昌宏社長=5月29日、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 中小企業 日本