GDP上方修正へ=1~3月期改定値―民間予測

経済・ビジネス

民間シンクタンク10社の2020年1~3月期の国内総生産(GDP)改定値の予測が2日、出そろった。平均は物価変動の影響を除いた実質ベースの年率換算で前期比2.2%減。速報値(3.4%減)からは上方修正となる。設備投資について全社がプラス転換を見込んだ。改定値は8日公表。

1日発表の1~3月期の法人企業統計では、全産業(ソフトウエア投資額を除く)の設備投資が前年同期比3.5%増だった。都市開発関連向けなどが底堅かったためで、これを踏まえ各社とも予測を改めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 景気動向・マクロ経済 統計 日本