小池氏、再選出馬へ=10日にも表明―都知事選

政治・外交

東京都の小池百合子知事(67)は2日、任期満了に伴う都知事選(18日告示、7月5日投開票)に再選を目指し立候補する意向を固めた。都議会最終日の10日にも表明する見通しで、新型コロナウイルスの感染防止対策や経済の立て直しなどを訴えるとみられる。

小池氏は2日の都議会本会議で、最大会派である「都民ファーストの会」の代表質問に対し、「選挙については適切な時期に判断する」と述べた。一方で、新型コロナの感染第2波への備えや収束後の社会構造改革などを挙げ、「目前に集中すべき課題が山積している」と発言。行政手続きのデジタル化を進める条例案を今後提出する方針を明らかにするなど、引き続き都政運営を担う意欲を示した。

都は、新型コロナ対策の一環として、休業要請に応じた事業者への協力金を含む総額約5800億円の補正予算案を都議会に提出している。関係者によると、小池氏は都議会最終日の10日に補正予算が成立した後、再選出馬を表明する意向だという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 日本 東京都