元日本代表の金崎選手がコロナ陽性=5月29日に発熱―J1名古屋

スポーツ

サッカーJ1の名古屋は2日、FW金崎夢生選手(31)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。名古屋の小西工己社長がオンライン記者会見で明らかにした。

小西社長によると、金崎選手は5月29日のグループ練習後に発熱と倦怠(けんたい)感、頭痛を訴えた。今月1日に愛知県内の病院でPCR検査を受け、2日に陽性反応が出た。同選手は5月中旬に神奈川県内の親類宅を自家用車で訪れていたという。既に平熱に戻っているが、愛知県内の病院に入院し体調回復に努めるとしている。

名古屋が1日から再開した全体練習には参加しておらず、現時点で他の選手、スタッフに感染は確認されていないという。チームは2日から当面の間、全体練習を休止し、選手らに自宅待機を指示した。今後は保健所の指導の下、濃厚接触者の特定を行うほか、練習施設やクラブハウスの消毒などを実施する。

金崎選手は日本代表経験があり、今年3月に鳥栖から名古屋に期限付き移籍で復帰していた。

コロナの影響で2月下旬から中断していたJ1リーグ戦は、7月4日に再開することが決まっている。

金崎夢生選手金崎夢生選手

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 日本