WTO提訴「極めて遺憾」=茂木氏、韓国外相に抗議

政治・外交

茂木敏充外相は3日、韓国の康京和外相と電話会談した。日本の対韓輸出管理強化をめぐり、韓国が世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きを再開する方針を示したことについて、茂木氏は「懸案の解決に資さず、極めて遺憾だ」と抗議。康氏は「日韓で解決のための議論が進展していない」などと反論した。

両外相は日韓関係悪化の最大の要因である元徴用工問題についても協議。茂木氏は「被告企業の資産現金化は深刻な状況を招く」と指摘し、慎重な対応を改めて求めた。両氏は早期解決に向け、外交当局間で対話を重ねていくことを確認した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 日本 韓国