G7、低所得国支援で協調確認=麻生氏「債務猶予着実に」―財務相会議

経済・ビジネス

先進7カ国(G7)財務相は3日夜、定例電話会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大が世界経済に与える影響を踏まえ、財政が脆弱(ぜいじゃく)な低所得国支援で協調していくことを確認する共同声明をまとめた。

新型コロナのさらなる感染拡大を防ぐため、医療体制や財政が逼迫(ひっぱく)する途上国支援は課題。4月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では債務返済の時限的な猶予で一致しており、麻生太郎財務相は今回の会議で、返済猶予を「各国が着実に実行してもらいたい」と訴えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 日本