巨人の坂本、大城両選手が新型コロナ陽性=前日のJリーグ金崎選手に続き―プロ野球

スポーツ

プロ野球巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性判定が出たと発表した。プロ野球選手の新型コロナ感染は、3月に判明した阪神の藤浪晋太郎投手ら3選手以来。巨人は3日に東京ドームで行う予定だった西武との練習試合を中止した。

球団によると、巨人は5月29~31日に希望者を対象に、新型コロナの感染歴を調べる抗体検査を実施。218人のうち、坂本、大城とスタッフ2人に抗体が確認されたため、2日にPCR検査を実施し、3日午前に2選手の陽性判定の連絡を受けた。

プロ野球では当初の3月20日から開幕が遅れ、今月19日に新たな開幕日を設定。2日から練習試合をスタートしたばかりで、開幕自体に影響が及ぶ可能性が出てきた。

スポーツ界での新型コロナの影響は、サッカーJリーグで3月にJ1神戸の酒井高徳選手の感染が判明し、今月2日にJ1名古屋の金崎夢生選手が検査で陽性反応を示したことが公表された。大相撲では5月に三段目力士の勝武士さんがコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、死去した。

坂本勇人選手坂本勇人選手

大城卓三選手大城卓三選手

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 日本