習氏来日、閣僚から慎重論=河野防衛相、尖閣・台湾に言及

政治・外交

河野太郎防衛相は5日の記者会見で、新型コロナウイルスの影響で延期となっている習近平中国国家主席の国賓来日について「コロナが落ち着いた後どう考えるか。安全保障に責任を持つ防衛相として政府内でしっかり発言したい」と述べ、再考の必要があるとの認識を示した。閣僚が公然と慎重論を唱えるのは初めてで、習氏来日への反対が広がる可能性がある。

河野氏は香港情勢など最近の中国の動向に関するやりとりの中で自ら習氏来日に言及。沖縄県・尖閣諸島周辺で中国公船による領海侵入が相次ぐ実態や、領空侵犯の恐れがある中国機に自衛隊機が頻繁に緊急発進(スクランブル)を強いられている状況に関し、「強く危惧する」と批判した。

記者会見する河野太郎防衛相=5日午前、防衛省記者会見する河野太郎防衛相=5日午前、防衛省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 中国 日本