2次補正が審議入り=麻生財務相、感染再拡大の備えに5兆円必要

政治・外交

2020年度第2次補正予算案が8日、審議入りした。新型コロナウイルス対策に使える予備費を10兆円確保した。麻生太郎財務相は衆参両院の本会議での財政演説で「第2波、第3波が襲来し、事態が大幅に深刻化した場合、少なくとも5兆円程度の予算が必要になる」と述べた。

2次補正をめぐっては、国会審議を経ずに使える予備費の巨額計上を野党が問題視。与党が財政演説での5兆円分の使途明示を約束した経緯がある。

麻生氏は、予備費10兆円の内訳について、雇用維持や生活支援に1兆円、持続化給付金などに2兆円、医療体制強化に2兆円を充てると説明。残り5兆円については「今後の長期戦で、どのような事態が起こっても万全を期すため」と強調した。

2020年度第2次補正予算案が審議入りし、参院本会議で財政演説する麻生太郎財務相=8日午後、国会内2020年度第2次補正予算案が審議入りし、参院本会議で財政演説する麻生太郎財務相=8日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 行政一般(政治欄向け) 日本