「1人1口座」義務化、検討表明=マイナンバーと連結―高市総務相

政治・外交

高市早苗総務相は9日の閣議後記者会見で、公的な現金給付を迅速に行うため、1人につき一つの預貯金口座とマイナンバーとのひも付けの義務化を検討する方針を表明した。当初想定していた全ての預貯金口座をひも付ける案は導入を見送り、希望者に限って登録できる仕組みを検討する。来年の通常国会への関連法案の提出を目指す。

高市氏は、世帯単位ではなく個人単位でも、景気対策や福祉など多様な給付を行うために利用すると説明。「一生ものの口座情報を一口座のみ登録していただければ、迅速な給付や行政コストの削減に資する」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本