年内発効へ貿易交渉開始=日英閣僚が初会合

政治・外交

日英両政府は9日、新たな貿易協定の締結に向け、初の閣僚級の交渉会合を開いた。茂木敏充外相とトラス英国際貿易相がテレビ会議形式で協議を開始。年内の協定発効に向け、夏までに大枠での合意を目指す。

会合の冒頭、トラス氏が新協定について「年末までに発効させたい」と表明。茂木氏も「緊密に連携して、本パートナーシップを迅速に構築したい」と応じた。

日本と欧州連合(EU)間の経済連携協定(EPA)は昨年2月に発効したが、英国のEU離脱に伴い、日英間の関税優遇は今年末で期限切れとなる。日英は日欧EPAをベースに交渉し、関税優遇の空白期間が出ないよう新協定を発効させたい考えだ。

テレビ会議形式でトラス英国際貿易相と協議する茂木敏充外相=9日午後、東京都千代田区(代表撮影)テレビ会議形式でトラス英国際貿易相と協議する茂木敏充外相=9日午後、東京都千代田区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 日本