2次補正が衆院通過=家賃支援でも委託費942億円

政治・外交

新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策を柱とする歳出総額31兆9114億円の2020年度第2次補正予算案は10日午後の衆院本会議で採決され、共産党を除く各党などの賛成多数で可決、参院に送付された。2次補正は参院審議を経て、12日にも成立する見通しだ。

これに先立ち、衆院予算委員会は10日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席して基本的質疑を続行した。

梶山弘志経済産業相は、感染拡大の影響で減収となった事業者を対象とする家賃支援でも業務委託費が発生し、2次補正に約942億円を計上していると説明。既に一般競争入札を実施し、リクルートに内定したと明らかにし、「迅速かつ適切にお届けできるよう全力で準備を進める」と強調した。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。

立憲民主党など野党共同会派は質疑後に、10兆円の予備費を1.5兆円に減額する組み替え動議を提出したが、否決された。

一方、参院予算委は10日の理事懇談会で、2次補正の審議日程を協議。11、12両日に質疑を行った上で採決することを決めた。

衆院予算委員会で2020年度第2次補正予算案が賛成多数で可決され、一礼する安倍晋三首相(右)ら=10日午前、国会内衆院予算委員会で2020年度第2次補正予算案が賛成多数で可決され、一礼する安倍晋三首相(右)ら=10日午前、国会内

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=10日午前、国会内衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=10日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 国会 マクロ経済政策 法案 日本