5月ビール販売、全社マイナス=「家飲み」で下げ幅は縮小

経済・ビジネス

ビール大手4社が10日発表した5月のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)の販売実績は、全社が前年同月比マイナスだった。外出自粛で業務用が苦戦したが、一部飲食店の営業再開や「家飲み」需要の拡大により、いずれも下げ幅は4月と比べ縮小した。

販売数量は、キリンビールが9%減、サントリービールが4%減、サッポロビールが20%減。金額ベースで開示しているアサヒビールは22%減だった。

「巣ごもり消費」で好調なビール大手4社の第三のビール「巣ごもり消費」で好調なビール大手4社の第三のビール

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本