JAL、国内線減便率54%=6月後半、需要回復にらむ

経済・ビジネス

日本航空(JAL)は10日、15~30日の国内線について計7368便の運航を取りやめると発表した。同期間の減便率は54%。新型コロナウイルスの影響で大幅な減便が続いているものの、政府の緊急事態宣言解除で旅客需要が徐々に回復するとみており、減便率は7~13日の72%から縮小する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 東北 山形県 東京都 新潟県 甲信越 大阪府