大会簡素化の基本原則策定=日程と会場、今月中に確定へ―東京五輪

スポーツ 社会 東京2020

東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された大会について、コスト削減とコロナ対策の観点から簡素な大会にする基本原則をまとめ、国際オリンピック委員会(IOC)理事会に報告した。

基本原則はIOCとの共同運営委員会でまとめた。延期に伴う費用と負担を最小化し、サービス水準の見直しを含む効率化と合理化を進め、華美にはせず簡素な大会にすることを盛り込んだ。

組織委の武藤敏郎事務総長は大会の簡素化について「約200を上回る項目を洗い出した」と話し、これから具体的に検討するとした。検討項目には聖火リレーの日程短縮なども含まれる。IOCや国内オリンピック委員会(NOC)、国際競技団体(IF)など大会関係者に参加者の削減を求め、大会関連イベントも再検討する。

競技日程と会場は今月中をめどに確定させる方針。武藤事務総長は「かなりの会場を使用できる見込みが付きつつある」と話した。新型コロナ対策は9月に検討を始めて年内に施策を固める。

大会へ向けたロードマップには、テスト大会と五輪聖火リレーを来年3月から開始することも盛り込まれた。

IOC理事会報告後、会見する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(右)と武藤敏郎事務総長=10日午後、東京都中央区(代表撮影)IOC理事会報告後、会見する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(右)と武藤敏郎事務総長=10日午後、東京都中央区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 東京五輪・パラリンピック