東京都、休業第3段階への緩和検討=「東京アラート」解除も判断へ―新型コロナ

社会 暮らし 政治・外交

東京都は11日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請について、緩和行程を3段階で示したロードマップに基づき、今の第2段階から対象をより広げる第3段階に移行できるか検討に入った。同日午後に都内の感染状況を分析し、専門家の意見を踏まえて判断する。感染拡大の警戒を呼び掛ける「東京アラート」を解除するかも併せて決める。

小池百合子知事は同日午前、都庁で記者団の取材に応じ、「各業界のガイドラインも整ってきている。医療体制などを専門家に見てもらって分析した上で判断する」と述べた。

第3段階では、接待を伴わないバーやスナック、カラオケ店といった遊興施設のほか、パチンコ店や遊園地、ゲームセンターなどの遊技施設の営業再開を認める。飲食店の営業時間も午後10時までから午前0時までに延びる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本