宇宙ごみ、人工衛星で除去=26年事業化目指す―スカパーJSAT

経済・ビジネス 科学 技術

衛星通信サービスなどを手掛けるスカパーJSATは11日、故障した人工衛星やロケットの破片など地球の周囲を浮遊する「宇宙ごみ(スペースデブリ)」をレーザーで除去する人工衛星を開発すると発表した。2026年の事業化を目指す。

宇宙ごみは10センチ以上のものだけで約3万4000個が存在し、新たな衛星の運用にも支障が出ている。スカパーJSATは理化学研究所や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと連携し、レーザー装置を搭載した衛星を開発する。レーザーを照射することで宇宙ごみを大気圏に移動させ、燃焼させる。

レーザー搭載衛星で宇宙ごみを除去するイメージ図(スカパーJSAT提供)レーザー搭載衛星で宇宙ごみを除去するイメージ図(スカパーJSAT提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 日本