火災の首里城跡、初公開=世界遺産の正殿地下など―沖縄

社会 文化

昨年10月の火災で主要施設が焼けた世界遺産、首里城(那覇市)の遺構が、12日から一般公開された。焼失した正殿やその周辺の有料区域の公開は、火災後初めて。

公開される正殿の遺構は、琉球王国時代から、数回にわたり建て替えられてきたことを示す地下の石積み。保存のため覆われたガラス越しに見学できる。

内閣府沖縄総合事務局などは当初、火災から半年となる5月の大型連休ごろをめどに公開の準備を進めていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で遅れていた。

昨年の火災では、正殿が全焼するなど8棟を焼失。建物は順次復元される予定で、今後は再建の様子を来場者に見せながら工事を進める方針だ。

首里城を見て生まれ育ったという那覇市の城間進さん(79)は「焼けて崩れ落ちるのを自宅から見て悪夢のようだった。生きている間にもう一度見たい」と願った。

首里城の写真を撮るため、2年前に横浜から移住した沖縄県豊見城市の椎林隆夫さん(82)は「焼けた時は喪失感があったが、再建に向け動きだしてよかった」と話した。

焼失後初めて一般公開された首里城正殿跡=12日午前、那覇市焼失後初めて一般公開された首里城正殿跡=12日午前、那覇市

公開された首里城正殿地下の遺構=12日午前、那覇市公開された首里城正殿地下の遺構=12日午前、那覇市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 文化・歴史(文系的) 文化 社会一般 日本 沖縄 那覇市