大卒就職率98%、最高に並ぶ=コロナで入社繰り下げも

経済・ビジネス

厚生労働、文部科学両省は12日、今春卒業した大学生の就職率(4月1日時点)が、前年比0.4ポイント上昇の98.0%となり、過去最高だった2018年春に並んだと発表した。高校生も98.1%(3月末時点)と、0.1ポイントの低下ながら高水準を維持し、「企業の採用意欲は引き続き高い」(文科省)という。

就職率は希望者のうち就職した学生の割合。大卒の地域別では、中国・四国以外の5地域が前年を上回り、北海道・東北と近畿は過去最高となった。

しかし、厚労省によると、今春卒業者で6月10日現在、新型コロナウイルスによる内定取り消しが107人、入社時期の繰り下げも994人に上り、産業別では宿泊・飲食サービスなどが目立つ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・失業 統計 日本 北海道