旧経営陣を提訴へ=金品受領問題―関西電力

経済・ビジネス

関西電力が、幹部らによる金品受領問題をめぐり、損害賠償を求めて旧経営陣を提訴する方針を固めたことが12日、分かった。社外の弁護士で構成する「取締役責任調査委員会」(委員長=才口千晴元最高裁判事)が、岩根茂樹前社長ら5人の法的責任を認定していた。5人全員を提訴の対象とする方向で検討しており、週明けに正式決定する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本