前法相の元政策秘書、無罪主張=公選法違反初公判―広島地裁

社会

自民党の河井案里参院議員が初当選した昨年7月の参院選で、車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとして、公選法違反(買収)罪に問われた河井克行前法相=衆院広島3区=の元政策秘書、高谷真介被告(43)の初公判が12日、広島地裁(杉本正則裁判長)であり、高谷被告は起訴内容を否認した。

高谷被告は「報酬額を決めたことはなく、支払いに関与したこともない」と述べ、無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で、高谷被告が克行氏の政策秘書を務めていた昨年4月中旬から広島市内に常駐し、案里氏の選対本部事務長補佐の肩書でマスコミ対応をしたり、選対本部の職員に指示を与えたりしていたと指摘。車上運動員の報酬決定の際には、案里氏の公設第2秘書立道浩被告(54)=公判中=らに1日当たり3万円という内容を伝え、立道被告が陣営スタッフに伝達したとした。

起訴状によると、高谷被告は昨年7月19~23日ごろ、立道被告らと共謀し、ウグイス嬢と呼ばれる車上運動員14人に対し法定上限(日当1万5000円)を超える報酬計204万円を支払ったとされる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 中国 広島県