巨額予備費、危機再燃へ備え=新型コロナ対策の2次補正予算成立―過去最大32兆円

政治・外交

新型コロナウイルス感染拡大を受けた2020年度第2次補正予算は、12日の参院本会議で与党と立憲民主、国民民主両党などの賛成多数で可決、成立した。一般会計の歳出総額は補正予算として過去最大の31兆9114億円。感染の「第2波」をにらみ、予備費に10兆円という例のない巨費を積み増した。

成立を受け、安倍晋三首相は首相官邸で記者団に「支援を一日も早く届け、事業の継続と雇用、生活を守り抜いていく」と強調。医療・検査体制の充実に努める考えも示し、「次なる流行に対して万全の備えを急いでいく」と語った。

2次補正は、売り上げが落ち込んだ中小・個人事業者向けの「家賃支援給付金」創設に2兆242億円を充てた。治療に当たる医療機関への「緊急包括支援交付金」に2兆2370億円、ワクチン・治療薬の開発支援などに2055億円を計上した。財源は全て国債発行で賄う。

野党は政府の裁量で使える予備費の大きさを問題視。政府は国会提出に当たり、半分の5兆円について、雇用維持や生活支援に1兆円、事業継続支援に2兆円、医療提供体制強化に2兆円とする内訳を示した。

巨額予備費を批判する共産党と、経済対策の規模不足を主張するれいわ新選組は、いずれも反対した。

新型コロナ対策の2020年度第2次補正予算が成立し、記者団の質問に答える安倍晋三首相=12日午後、首相官邸新型コロナ対策の2020年度第2次補正予算が成立し、記者団の質問に答える安倍晋三首相=12日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 国会 法案 日本