小池氏、再選出馬表明=東京版CDC提唱―都知事選

政治・外交

任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)で、小池百合子知事(67)は12日に記者会見を開き、再選を目指し無所属で立候補すると表明した。「政党推薦は求めず、都民の推挙を得るべく戦いに挑みたい」と強調。新型コロナウイルスの第2波に備えるため、選挙期間中は街頭演説などを控え、公務を優先する考えを示した。

小池氏は公約として、米疾病対策センター(CDC)の東京版を創設し、感染症対応を充実させると表明。ワクチンや治療薬の開発を後押しするほか、マスクや消毒液の備蓄、医療提供体制の整備に当たるという。詳しい公約は、来週改めて会見を開いて説明するとした。

選挙活動については「街頭で『密』になるより、オンラインで『ウイズコロナ』『ポストコロナ』の選挙を展開する」と語った。

1期目の4年間に関しては、情報公開や女性活躍の環境整備などに注力してきたと強調。再選されれば「これまで進めてきた『東京大改革』をさらに進める」として、経済再生や行財政改革に一層取り組むと決意を述べた。

都知事選をめぐり、自民党は独自候補の擁立を断念。一方、立憲民主党や共産党、社民党は宇都宮健児元日弁連会長(73)を支援、日本維新の会は小野泰輔元熊本県副知事(46)を推薦する。NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)も党公認での出馬を予定している。

記者会見で東京都知事選への再選出馬を表明する小池百合子氏=12日午後、都庁記者会見で東京都知事選への再選出馬を表明する小池百合子氏=12日午後、都庁

記者会見で東京都知事選への再選出馬を表明する小池百合子氏=12日午後、都庁記者会見で東京都知事選への再選出馬を表明する小池百合子氏=12日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 日本 東京都