三井E&Sが艦艇事業譲渡=三菱重工へ来秋めど

経済・ビジネス

経営再建中の三井E&Sホールディングスは12日、傘下の三井E&S造船が手掛ける護衛艦の建造・修繕などの防衛省向け艦艇事業を、三菱重工業に譲渡することで基本合意したと発表した。譲渡する事業範囲などを詰めた上で年末をめどに最終契約を結び、2021年10月の譲渡完了を目指す。

日本の安全保障にかかわる護衛艦の建造は、三菱重工とジャパンマリンユナイテッド(横浜市)の2社に集約される。

三井E&Sは既に艦艇建造で三菱重工と協力関係にある。譲渡後も、創業の地である玉野艦船工場(岡山県玉野市)での建造と修繕は継続する予定。三菱重工も「工場の閉鎖は考えていない」と説明している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本 中国 岡山県