としまえん跡地にハリポタ施設=8月末閉園―西武・都など合意

経済・ビジネス

西武鉄道は12日、子会社が運営する遊園地「としまえん」を8月末で閉鎖すると発表した。跡地には、小説・映画が人気の「ハリー・ポッター」の関連施設や、公園が整備される見通しだ。

西武と東京都、米映画大手ワーナー・ブラザース(WB)の日本法人などが跡地整備について覚書を結んだ。ハリー・ポッターの施設は2023年前半の開業を目指している。

小池百合子都知事は12日の記者会見で、としまえんを含む敷地について、「都民の憩いの場や、災害時の避難場所となる拠点を含む公園の整備を予定している」と説明した。

その上で、WBが英国に次いで世界で2カ所目となるハリー・ポッターのスタジオツアー施設を計画していると明らかにし、「安心・安全と楽しみがそろった地域となる」と期待感を示した。

英国で米ワーナー・ブラザースが運営する「ハリー・ポッター」のスタジオツアー施設(ワーナー・ブラザース・ジャパン提供)英国で米ワーナー・ブラザースが運営する「ハリー・ポッター」のスタジオツアー施設(ワーナー・ブラザース・ジャパン提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 東京都