19日の休業解除変わらず=「夜の街」再開へ指針徹底―政府・東京都

政治・外交

東京都内で新型コロナウイルス新規感染者が47人確認されたことに関し、西村康稔経済再生担当相は14日の記者会見で、新たな集団検査の結果であることを踏まえ「二次感染を防止する取り組みが進んでいると前向きに考えたい」と冷静に受け止める姿勢を示した。その上で、接待を伴う飲食店などへの休業要請を19日に解除する政府方針を「直ちに変更する考えはない」と表明した。

都内の新規感染者数について、安倍晋三首相も14日のインターネット番組で「クラスター(感染者集団)と思われるところで集中的にPCR検査をやった結果だ」と述べ、過剰な反応を戒めた。

西村氏は会見に先立ち、内閣府で小池百合子都知事と会談。夜の繁華街で感染が相次いでいることを受け、接待を伴う飲食店やライブハウスなどの営業再開に向けたガイドライン(指針)を徹底することで一致した。ホストクラブなどの従業員の検査・相談体制を整備することも確認した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本 東京都