れいわ・山本代表、都知事選出馬を表明=五輪中止、10万円給付を公約

政治・外交

れいわ新選組の山本太郎代表(45)は15日、国会内で記者会見し、東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に出馬する意向を表明した。公約として、来年に延期された東京五輪・パラリンピックの中止や、全都民への10万円給付などを掲げる考えを示した。

山本氏は出馬の理由について、新型コロナウイルス感染拡大の影響による生活困窮者の存在に触れ、「次期衆院選でれいわの議席を増やしても、今目の前にいる人を救えない」と説明。「都民の生活を底上げする」と強調した。

東京都知事選に出馬する意向を表明した、れいわ新選組の山本太郎代表=15日午後、東京都千代田区東京都知事選に出馬する意向を表明した、れいわ新選組の山本太郎代表=15日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本 東京都