陸上イージス、配備計画停止=迎撃技術不備でコスト増、事実上白紙に―防衛相表明

政治・外交

河野太郎防衛相は15日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、秋田、山口両県に配備するプロセスを停止すると発表した。迎撃ミサイルのブースターに技術的な問題が見つかり、改修にコストや時間がかかるためと説明した。防衛省内で記者団に語った。

事実上の「白紙撤回」となるが、代替策は示されておらず、日本のミサイル防衛が根本から揺らぐことになる。イージス・システムを提供する米国との関係にも影響を及ぼす可能性がある。

安倍晋三首相には、河野氏が12日に計画停止の方針を説明し、了解を得たという。近く、国家安全保障会議(NSC)に報告し、今後の対応を協議する。NSC開催に先立って防衛相が重大な政策の決定を公表するのは異例。

陸上イージスの導入は、北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対処するため、2017年12月にNSCでの議論を踏まえ、閣議決定した。河野氏は当面、イージス艦でミサイル防衛に当たると説明。しかし、陸上イージスの導入はイージス艦の負担を軽減するのが目的とされており、これまでの政府説明との整合性が問われることになる。

同省はこれまで、配備を予定する山口県の陸上自衛隊むつみ演習場で、迎撃ミサイルのブースターロケットを「演習場内に確実に落下させる」と地元に説明してきた。しかし今年に入り、落下場所を制御するためには、ソフトウエアだけではなくハードウエアの改修も必要なことが米国側との協議で判明。新たな迎撃ミサイルの開発にはさらに10年以上、数千億円のコストが想定され、6月初旬に報告を受けた河野氏が「合理的ではない」と判断した。

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備プロセス停止を表明する河野太郎防衛相=15日午後、東京都新宿区の防衛省陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備プロセス停止を表明する河野太郎防衛相=15日午後、東京都新宿区の防衛省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本