通常国会、17日閉幕=野党「年末まで延長」、与党拒否

政治・外交

立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は16日、国会内で幹事長・書記局長会談を開き、17日で会期末を迎える今国会を12月28日まで194日間延長するよう求める方針を決めた。これに対し、自民党の森山裕国対委員長は会期延長を拒否する考えを改めて表明。国会は予定通り17日で閉幕する。

国会終盤で野党は、新型コロナウイルス対策の持続化給付金の事務委託問題を追及した。政府は陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止を15日に突如発表。自民党の河井克行前法相と妻の案里参院議員をめぐる公職選挙法違反事件の捜査も大詰めとされる。政府・与党がこうした問題に十分な説明責任を果たさないまま、国会が閉会することになりそうだ。

立憲の福山哲郎幹事長は会談後、大幅延長を求める理由について「新型コロナの第2波に備える」と記者団に説明。イージス配備停止にも触れ、「計画を白紙に戻したことの説明を求める」と強調した。

この後、立憲の安住淳国対委員長が森山氏と会談し、「実質上の通年国会にしたい」と伝えた。森山氏は持ち帰ったが、会期延長は不要との与党方針について、記者団に「変わりはない」と明言。同時に、閉会中審査を「適時適切に開くことは大事だ」とも述べ、閉会後の国会の在り方について、17日に野党側に説明する考えを示した。

会談に臨む立憲民主党の福山哲郎幹事長(中央)、共産党の小池晃書記局長(同左)、国民民主党の平野博文幹事長(同右)ら=16日午後、国会内会談に臨む立憲民主党の福山哲郎幹事長(中央)、共産党の小池晃書記局長(同左)、国民民主党の平野博文幹事長(同右)ら=16日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政党 日本