関電、旧経営陣に賠償請求=5人に19億円超―大阪地裁

経済・ビジネス

関西電力の幹部による金品受領問題で、関電は16日、八木誠前会長ら旧経営陣5人を相手取り、計19億3600万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したと発表した。関電によると、一部の損害額は算定中で、請求額は増える可能性がある。

提訴の対象は八木氏のほか、岩根茂樹前社長、森詳介元会長、豊松秀己元副社長、白井良平元取締役。5人が取締役としての注意義務を怠り、会社に損害を与えたと判断した。関電は「旧取締役に対して損害賠償請求訴訟を提起する事態に至ったことを改めておわびする。この訴訟に適切に対処していきたい」とコメントした。

今回訴えられた旧経営陣と共に経営の中枢にいた森本孝社長ら現経営陣も、株主から提訴請求を受けていた。しかし、関電は注意義務違反はなかったとして提訴を見送った。現旧監査役についても、訴えても回収が期待される利益が訴訟費用を上回るのは難しいと判断して提訴しない。

株主は、現旧役員を提訴するよう関電に求めている。株主の代理人を務める弁護士は、今回の訴えの内容を精査した上で、株主代表訴訟を起こすかどうか検討する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 経営一般 日本 大阪府