東南アジアで日産と協業検討=三菱自CEO

経済・ビジネス

三菱自動車は18日午前、東京都内で定時株主総会を開いた。同社は新型コロナウイルスの影響で2019年度に257億円の連結純損失に転落。業績回復に向け、加藤隆雄最高経営責任者(CEO)は経営資源を東南アジア事業に集中する方針を示した上で、「インドネシアやフィリピンで日産自動車と協業できないか検討を始めている」と明らかにした。

三菱自は5月、企業連合を組む日産やフランス自動車大手ルノーとの連携強化策をまとめた。3社の役割分担を明確にし、事業を効率化することが柱で、三菱自は得意とする東南アジア事業を主導する。加藤氏は「新型コロナの影響で、自動車産業の経営環境や社会環境が大きく変化している」と述べ、日産・ルノーと協力して対応を急ぐ考えを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 インドネシア 日本 フィリピン