7月の国内線、運航増加へ=移動自粛の緩和で―ANAとJAL

経済・ビジネス

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は18日、7月の国内線の運航計画をそれぞれ発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動自粛要請の緩和により、需要が回復すると判断。両社とも6月と比べて運航本数を増やす。

ANAの7月の運航本数は、事業計画と比べ51%の減便。減便率が約70%だった6月から増加させる。

JALは7月前半(1日~16日)、国内線の47%を減便する。6月後半は54%減便だった。6月後半の利用客数は前年実績比30%にとどまる見込みだが、予約の動向などを踏まえ、7月前半には40%程度にまで回復すると予想している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本