韓国、WTOに小委設置要請=日本の輸出管理めぐり

政治・外交

【ソウル時事】韓国政府の駐ジュネーブ国際機関代表部は18日、日本政府による半導体材料3品目の輸出管理強化をめぐり、世界貿易機関(WTO)と日本の駐ジュネーブ代表部に紛争処理小委員会(パネル)設置の要請書を提出した。韓国産業通商資源省が明らかにした。

日本政府は昨年7月、韓国側の貿易管理体制の不備などを理由に、半導体製造材料の韓国向け輸出の管理を強化。反発した韓国は同9月にWTOに提訴したが、同11月に一時的に手続きを停止し、輸出管理に関する政策対話を続けていた。

しかし韓国側は今月に入り、「日本側が問題解決の意志を示していない」としてWTOの紛争解決手続きを再開する方針を表明。日本側はこれに抗議しており、韓国がパネル設置を要請したことで対立が激化しそうだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 日本 韓国