河野防衛相、山口訪問し謝罪=陸上イージス計画停止、知事ら批判

政治・外交

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止を受け、河野太郎防衛相は19日、候補地となっていた山口県の県庁を訪問し、村岡嗣政知事らと会談した。河野氏は計画停止の経緯を説明し、「このような結果に至り、深くおわびする」と謝罪した。

村岡氏は、迎撃ミサイルに推進力を持たせるブースターが住宅地などに落下する危険性が明らかになったことを受け、「住民の命に直結する重大な問題。最初から精査して回答してほしかった」と批判。同席した藤道健二萩市長も「地元住民に無用の分断をもたらした」と指摘した。

イージス計画停止について謝罪する河野太郎防衛相(左端)。右手前は候補地だった山口県の村岡嗣政知事=19日午後、山口市イージス計画停止について謝罪する河野太郎防衛相(左端)。右手前は候補地だった山口県の村岡嗣政知事=19日午後、山口市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 中国 山口県