待ちわびた帰省=思いそれぞれ、遠出解禁

社会

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い自粛が求められていた都道府県境をまたぐ移動が19日に全面解禁され、週末を迎えた20日午前、JR東京駅の新幹線ホームでは帰省する親子連れや、ビジネスマンらがマスク姿で車両に乗り込む姿が見られた。

東京都三鷹市の小野寺亜紀さん(29)は、里帰り出産のため仙台行きの新幹線に乗車。「帰っていいのか悩んだが、幼い娘(2)もいるので実家に頼ることにした」と話す一方で、「年末年始以来の帰省。娘も言葉がだいぶ話せるようになった。両親も会えるのを楽しみにしている」と笑顔を見せた。

家族3人で長野県の軽井沢を観光するという目黒区の女性(29)は、育児休暇からの復帰が新型コロナの影響で3カ月延び、7月からに。「仕事に追われる日々が来る前に、子どもを思いっきり遊ばせたい」と語った。

19日夜、JR新宿駅近くの高速バスターミナル「バスタ新宿」では帰省を心待ちにしていた人々の姿が見られた。立川市の女性看護師(41)は、娘(11)を連れて高松市の実家を目指した。96歳の祖母から「会いたい」とせがまれていたが、予定から3カ月遅れの帰省に。「感染の第2波も読めない。会える時に会わないと」と話した。

島根県出雲市に帰省するのは、港区の慶応大4年平本就さん(21)。アルバイトを3月に解雇されてからは、貯金を切り崩して生活してきた。心配した両親から帰省を求められていたが、80代の祖父母がいるため、「自分がコロナを持って帰ってしまったら」と複雑な表情を見せた。

JR東京駅の新幹線ホームで列車を待つ乗客ら=20日午前、東京都千代田区JR東京駅の新幹線ホームで列車を待つ乗客ら=20日午前、東京都千代田区

JR東京駅で新幹線に乗り込む人たち=20日午前、東京都千代田区JR東京駅で新幹線に乗り込む人たち=20日午前、東京都千代田区

「バスタ新宿」で高速バスに乗り込む人たち=19日夜、東京都渋谷区「バスタ新宿」で高速バスに乗り込む人たち=19日夜、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 東北 青森県 青森市 東京都 四国 香川県