同盟通信の写真ニュース展示=戦後75年の節目に―愛知・蒲郡

社会

愛知県の蒲郡市博物館は、同盟通信社が戦時中に発行した写真ニュース「同盟写真特報」の展示を始めた。戦争を知る人が少なくなる中、今年で終戦から75年の節目となることなどから展示を決定。市民から寄贈された248点のうち114点を7月12日まで公開している。

同盟通信社は1936年に設立された国策通信社で、共同・時事の2通信社の前身。市博物館によると、写真ニュースは同年の発行開始で、戦時中は学校や職場などに配布・掲示され、戦意高揚の役割を担った。

展示中の114点は43年1~9月の発行で、中国や満州のほか、ビルマ(現ミャンマー)などの東南アジアや、南洋諸島の状況を扱ったものが多い。当時は既に敗戦色が濃くなりつつあったが、作戦の失敗を示す「玉砕」と記述されたものは1点のみだった。

展示を見に来た80代ぐらいの男性は「勝てる見込みのない戦争だったが、亡くなった方のことを考えれば、意義があったと思いたい」と話した。市博物館の平野仁也学芸員(41)は「軍国主義的なものが多いが、当時の世相を知る上で貴重。資料を通じて、いま一度あの戦争について考えてほしい」と展示の意図を説明している。

ミッドウェー海戦での敵空母撃沈を知らせる「同盟写真特報」=17日午後、愛知県蒲郡市ミッドウェー海戦での敵空母撃沈を知らせる「同盟写真特報」=17日午後、愛知県蒲郡市

蒲郡市博物館に展示された「同盟写真特報」=17日午後、愛知県蒲郡市蒲郡市博物館に展示された「同盟写真特報」=17日午後、愛知県蒲郡市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 東海 愛知県