外国潜水艦が潜航=中国海軍か、奄美接続水域―防衛省

社会 政治・外交

防衛省は20日、外国潜水艦が18日に鹿児島・奄美大島沖の接続水域内を潜ったまま西進したと発表した。海上自衛隊の護衛艦と哨戒機が監視した。同省関係者によると、中国海軍の潜水艦とみられ、特異な行動として分析している。

潜水艦は18日午後に奄美大島北東の接続水域内を西進。20日午前には、横当島(鹿児島県)の西の海域(接続水域外)を西に進んでいるのが確認された。トカラ列島と奄美大島間の狭い海域を潜航したという。国際法上、潜水艦は領海内では浮上して国旗を掲げないといけないが、接続水域(領海の外側約22キロ)を潜航することは禁じられていない。

防衛省は潜水艦の国籍について「自衛隊の探知能力を含む手の内を明かすことになるため、国籍や潜水艦の種類を答えることは差し控える」としている。河野太郎防衛相は、緊張感をもって、情報収集・警戒監視に万全を期すよう指示した。

潜水艦の探知・追尾能力が高い海上自衛隊の護衛艦「かが」。哨戒ヘリコプターを搭載する(海自ホームページより)潜水艦の探知・追尾能力が高い海上自衛隊の護衛艦「かが」。哨戒ヘリコプターを搭載する(海自ホームページより)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 社会 安保・防衛(政治面) 中国 日本