政府、陸上イージス計画撤回へ=河野防衛相、秋田訪れ謝罪

政治・外交

政府は、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を撤回する方針を固めた。複数の政府関係者が21日明らかにした。近く開催する国家安全保障会議(NSC)で正式に配備撤回を決め、今夏中に代替策を策定する。河野太郎防衛相は同日、配備候補地だった秋田県を訪れ、佐竹敬久知事に経緯を説明、謝罪した。

河野氏は同じく配備候補地としていた山口県も19日に訪問し、説明とおわびを済ませている。政府は今後、配備撤回を正式決定した上で、2018年に閣議決定した「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」の修正作業に当たる。外交・安保政策の中長期的な指針として13年に策定した「国家安全保障戦略」の初改定も視野に入れる。

ただ、米国の防衛当局者は日本政府が発表した配備計画の「停止」について「撤回ではない」との認識を示し、配備に向けた日本側との協議を継続する考えを表明。北朝鮮弾道ミサイルの脅威が高まる中、政府は米側との足並みの乱れを避ける必要があり、厳しいやりとりを強いられそうだ。

イージス・アショア計画停止を受け、秋田県の佐竹敬久知事(右から2人目)らに謝罪する河野太郎防衛相(左から2人目)=21日、秋田市イージス・アショア計画停止を受け、秋田県の佐竹敬久知事(右から2人目)らに謝罪する河野太郎防衛相(左から2人目)=21日、秋田市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 東北 秋田県 中国 山口県