ユネスコに登録取り消し要請へ=「軍艦島」世界遺産で韓国

政治・外交

【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは21日、長崎・軍艦島など国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」について、韓国政府が登録取り消しを求める書簡を今月中にユネスコに発送すると伝えた。

「明治日本の産業革命遺産」は、岩手、静岡、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島の8県にまたがる。聯合によると、朴良雨文化体育観光相らが18日の与党議員への業務報告でユネスコに登録の取り消しを要請する方針を明らかにした。

韓国側は、産業遺産情報センター(東京都新宿区)で15日から一般公開されている同遺産の展示内容に軍艦島での朝鮮人労働者への差別的待遇を否定する内容が含まれていることに反発。「史実の歪曲(わいきょく)だ」として日本側に抗議していた。

2015年に世界文化遺産に登録された、長崎市の港外に浮かぶ端島(はしま)。通称・軍艦島=13年10月2015年に世界文化遺産に登録された、長崎市の港外に浮かぶ端島(はしま)。通称・軍艦島=13年10月

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国