7月10日から観客入れ開催へ=専門家「動き見て判断」―J・プロ野球合同会議

スポーツ

サッカーJリーグとプロ野球による「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第10回会合が22日、オンラインで開かれ、プロ野球、Jリーグとも政府指針に基づき、7月10日から予定通りに観客を入れて開催する方針を確認した。

プロ野球、Jリーグは当初無観客で公式戦をスタート(再開)。政府は7月10日から「5000人、または収容人数の50%の少ない方を上限」に観客動員を認めており、プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「よほどのことがなければ、お客さんを入れていくことを宣言したい」と述べ、Jリーグの村井満チェアマンも「同様の考え方でいる」と答えた。

ただ、東京では依然として連日感染者が確認されている状況にある。専門家チーム(座長=賀来満夫・東北医科薬科大特任教授)の舘田一博・東邦大教授は「7月10日はあくまでも予定。これからの動きを見て判断していくことになる」と指摘。感染状況が悪化すれば再考を求める見解を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 日本