日本サッカー協会、女子W杯招致から撤退=田嶋会長「苦渋の決断」

スポーツ

日本サッカー協会は22日、オンラインで臨時理事会を開き、日本が立候補していた2023年女子ワールドカップ(W杯)招致からの撤退を決めた。田嶋幸三会長は、新型コロナウイルスの影響で東京五輪が21年に延期となり、女子の世界一を決める大会が短期間で日本に集中することに触れ、「それが重大な流れだった。(他国の)抵抗感が強まった」と理由を説明した。

23年大会には日本の他、共催を目指すオーストラリアとニュージーランド、コロンビアが立候補に残っていた。南米連盟ではブラジルが撤退して候補を一本化し、東南アジア諸国連合(ASEAN)連盟が共催案を支持するなど、日本は劣勢に立たされた。国際サッカー連盟(FIFA)が10日に公表した評価報告書で、日本の総合評価が共催案に次ぐ2番目だったことも影響した。

開催地を決める25日のFIFA理事会直前での決断に、田嶋会長は「苦渋の決断。(惨敗による)負のイメージ、インパクトがあるという説明をしていく中で、皆さんが(撤退で)一致した」と語った。

日本協会は21年に開幕する国内女子プロリーグの「WE(ウィー)リーグ」の起爆剤としても、23年W杯に期待を寄せていた。会長は「影響はゼロとは思えないが、女子サッカーをますます発展させ全力で応援する」と誓った。

2023年女子W杯招致からの撤退を決め、オンラインで記者会見する日本サッカー協会の田嶋幸三会長=22日2023年女子W杯招致からの撤退を決め、オンラインで記者会見する日本サッカー協会の田嶋幸三会長=22日

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース サッカー日本代表 スポーツ 日本