唾液採取から25分で判定=コロナ検査キット実用化へ―塩野義など

経済・ビジネス 科学 技術

塩野義製薬は22日、日本大学などと提携し、新たな革新的核酸増幅法(SATIC法)による新型コロナウイルスの量産用検査キットの実用化を目指すと発表した。唾液を採取して加熱後25分程度で陽性かどうかを判定する仕組み。高度な検出機器などは不要で、医療従事者への感染リスクも少ない。新型コロナ「第2波」に備えて検査を幅広く増やせる可能性がある。

現行のPCR検査は通常4~6時間かかる上、検体採取時の医療従事者の感染リスクなどの課題が指摘される。SATIC法による迅速な検査は、日大、群馬大、東京医科大の共同研究チームが開発に成功。塩野義は国の薬事承認を早期に得て、量産体制を確立し、医療機関など向けに供給を始めたい考えだ。

今回のSATIC法ではウイルス遺伝子の増幅工程を一新することで、時間や手間を大幅に削減した。容器に入れ95度で2分程度加熱した唾液に試薬を加え、変色するかどうかを目視で確認する。PCR同様の高い精度を持つという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 提携・合併・買収 日本