トヨタ、国内の減産縮小=需要回復、計画比1割減―7月

経済・ビジネス

トヨタ自動車は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施してきた国内完成車工場の生産調整を7月も続けると発表した。ただ、スポーツ用多目的車(SUV)を中心に需要が回復傾向にあるため、減産規模は3万9000台と6月の3分の1以下に縮小。当初計画比で1割減にとどめる方針だ。6月は全15工場一斉の非稼働日を設けたが、7月は見送る。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 東京都 東海 岐阜県 静岡県