「軍艦島」取り消し、検討要請=韓国外相、ユネスコに書簡

政治・外交

【ソウル時事】長崎・軍艦島など国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、韓国外務省報道官は23日、康京和外相がユネスコのアズレ事務局長に対し、登録取り消しの検討を求める書簡を送ったと発表した。

書簡送付は22日付。報道官は23日の記者会見で、書簡を通じて「登録取り消しの可能性の検討を含め、世界遺産委員会で日本に(約束した)措置の履行を求める決定文が採択されるよう協力と支持を要請した」と明らかにした。

報道官はまた、「日本が約束した措置を忠実に履行するためのあらゆる可能な方策を講じる」と強調。世界遺産委員国を対象に、「この事案への関心と理解を高める外交的努力を展開していく」意向を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国