日産、国内挽回へ新型車=軽以外は2年9カ月ぶり

経済・ビジネス

日産自動車は24日、小型SUV(スポーツ用多目的車)「キックス」を30日に発売すると発表した。日本に軽自動車以外の新型車を投入するのは、2017年10月以来、約2年9カ月ぶり。日産は新車不足が響いて国内販売が低迷しており、今後は品ぞろえの強化で挽回を目指す。

エンジンを発電機として使い、電気モーターのみで走行する独自のハイブリッド車(HV)技術を搭載し、高い加速性と静かな走行を実現した。先進的な安全運転支援技術も採用し、価格は275万9900円から。既存車種の全面改良ではない新規モデルの日本投入は、軽以外で10年ぶりという。

日産自動車がオンラインで発表した新型の小型SUV(スポーツ用多目的車)「キックス」と星野朝子執行役副社長日産自動車がオンラインで発表した新型の小型SUV(スポーツ用多目的車)「キックス」と星野朝子執行役副社長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新製品 販売・価格改定・販促・見本市など 日本